ペット肖像画 #7 ザ!女の子!という感じの笑顔が超絶キュートなボスシーちゃん 色鉛筆画

※ 本ページには【広告】が含まれています

こんにちは🖐🏻sedamです😀

2021年12月に完成したA2に6匹中の6匹目。いよいよラストの絵についてお話しします。

6匹目のアセロラちゃんは、#6でご紹介したレモンちゃんと兄弟の女の子。

シーズーとボストンテリアとの間にできたミックス犬で10歳です。

まずは完成した作品をご紹介します。

ボストンテリアとシーズーミックスの特徴

ネットで検索してみましたが、略名もまだないようです。両方の犬種の特徴を強く出したいほうがママになることが多いと言うことなので、アセロラちゃんもボストン系シーズーといった感じでしょうか?

アセロラちゃんも、兄弟のレモンちゃんと同様毛が長いときはシーズーの雰囲気が強くでていますね。トリミングをするとその毛の下に隠れていたアメリカの紳士と呼ばれるタキシードを着ています。よく似てますね。

*ボストンテリアの特徴は前記事のこちらから シーズーの特徴は前記事のこちらから

犬種だけで性格は推し量る事はできない?!

犬種から遺伝する性格をその子の性格とはなかなか当てはまらないものです。

しっかり向き合うと、同じ犬種でも全く違う子もいますし育った環境も影響するでしょう。

 

先日、水が苦手と言われている柴犬がプールに自分から飛び込む姿をはじめて見ました。

水が苦手な犬種と言われている中でも、水好きな子がいるのかと驚きました。

飼い主さんに聞いてみたところ、「小さいときから、多少嫌がっていても、何度も通い浸けていたらいつしか、自分から行くようになりました。」だそうです。

教育はすごいなぁと感心しましたが、どうしても苦手な子はそれでも自分から行くようにはならないと思いますが…

実際に我が家の雄のバーニーズは、小さい頃からまるで溺れてますよね?と言った泳ぎ方で3歳になった今も、全く上達する気配がありません。水が大好きで泳ぎも得意だといわれるバーニーズでありながら、残念ですハハハ。

先住犬のメスのバーニーズも、最初はスゴイしぶきを上げていたのですが、すぐに習得できました。今では、スイスイです。

犬種では一括りに出来ないものです。

 

女の子らしいアセロラちゃん

オーダー主のお母ちゃんに言わせると、アセロラちゃんはザ・女の子といった感じだとか。おしとやかで、小食で、おとなしいのでしょうか?この笑顔を見る限り、そういう印象を感じます。

 もらった情報を元に、妄想祭りでイメージして描く

6匹という大所帯の中で、控えめで引っ込んでしまうタイプの子なのかな?

でも笑顔に開放感があるから、元気で自己主張できる子やでっかい子もいる中でみんなと仲良くできる賢さも感じるな~。

さぁ描こうと思ったときに、いつも私はいろんな事を妄想します。写真の中でふと気になっておたずねすることもあります。

アセロラちゃんの場合は、構図上、どうしても左を向いてほしくて、反転させました。

女の子らしさを表現する為に目の中の光を多めにして、黒を少し弱めにして柔らかさを出しました。

首輪の赤を入れることで、女の子らしさを演出できたかな?と思っています。

 

完成したA2大画面6匹集合肖像画

お母ちゃんちの今は亡きチェリーさんも入って全員の集合肖像画が完成しました。

写真では不可能な時間を超えた勢揃いが叶うのは、絵のいいところです。

私にとっても、ペット肖像画を描き始めてわずか半年の頃にご依頼いただいたので、全てが初体験でしたが、いつもと同じように妄想力とコツコツ精神で楽しく完成させることができました。

 

お母ちゃんは、ついてすぐに開封の儀の動画を送って頂きました。

開けた瞬間の「凄い…これは…凄いよ…」と声を詰まらせて泣いてくれました。

思わずもらい泣き。

その姿を見ながらこれからもずっとずっとこうして絵を描き続けたいと改めて思いました。

 

あれからまもなく2年。皆様のおかげで、今日も絵を描いています。

 

それでは、

きょうはここまで Sedamでした。

最新情報をチェックしよう!